脂質と糖質、どちらが体脂肪になりやすいか? - 最も効率よく筋肉を付ける為に必要な正しい知識と筋トレ方法

最も効率よく筋肉を付ける為に必要な正しい知識と筋トレ方法 ホーム » スポンサー広告 » 栄養 » 脂質と糖質、どちらが体脂肪になりやすいか?

スポンサーサイト

脂質と糖質、どちらが体脂肪になりやすいか?

■脂質と糖質、どちらが摂りすぎると脂肪になりやすいですか?




結論から言うと脂質の方が体脂肪になりやすいです。


何故なら、血中に遊離している脂肪酸が体内で使われなかった場合、
そのままダイレクトで体脂肪になりやすい
からである。


ちなみに、糖質が体脂肪になる過程(経路)は上記とは違います。



また、脂質が体脂肪になりやすい理由として、
脂質は脂質だけで摂取することが少ないからです。

ケーキなどがそうです。
あれは糖質(砂糖)と生クリーム(脂質)が主に使われていますよね。



特に血糖値が高い状態では、脂肪の分解がされにくい為、
その時に血中に遊離している脂肪酸は、即体脂肪になってしまうので気をつけましょう。


逆に血糖値が低いときは脂肪を分解しやすいです(空腹時)





クリックされると励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


関連記事
ちょっとだけきついけど、1日15分で出来る
本当の意味で効率的に筋肉をつける方法とは?



今現在、コストパフォーマンス(味と成分と値段)が
良いと評判の人気プロテイン・ビーレジェンドとは?

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kintoresinnzitu.blog134.fc2.com/tb.php/23-3b469ba4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。